オーダーメイド・リフォーム実例集


ホワイト枠のリングをゴールド枠に

(BEFORE)

(AFTER)

お客様のイメージをそのままにデザイン。石の中心にダイヤをセットし、石の大きさに合わせて、アームのデザインをボリュームアップして全体のバランスを合わせました。


使わないリングをリフォーム

(1)複数のプラチナリングとダイヤ1個で…

(2)複数のゴールドリングとダイヤ2個で…

完成品

お客様がお持ちになった地金とダイヤモンドを使って重ね着けできるリングを作成。お客様のオーダーどおりにリフォームの完成です。


ペンダントをリングにアレンジ

(BEFORE)

(デザイン画)

(AFTER)

マーキーズカットのルビーのネックレスをリングに。マルチリフォーム枠を使用してリングを作製しました。5石のルビーの止め方もひっかかりがないように工夫がしてあります。

マルチリフォーム枠=ある程度まで完成されている製品、型を作るなど初期の工程を省略できるためリーズナブルな予算で完成することができます。



2つのリングをリングとペンダントに(1)

(BEFORE)

リングを普段使いのリングに

(AFTER)

大切な人との想いがつまったダイヤモンドリングを普段使いのできるデザインに。両脇に大粒のプリンセスカットのダイヤをセットすることで、中心のダイヤモンドがよりいっそう美しく輝きます。プラチナをたっぷり使用して、ひっかかりがなく着け心地も良好です。

 

※プリンセスカットダイヤモンドリングの5石の中石は、3石をペンダントに、2石をリング脇石に使用しました。


2つのリングをリングとペンダントに(2)

(BEFORE)

リングをペンダントに

(AFTER)

ダイヤモンドのリングをスリーストーンのネックレスに。プリンセスカットのダイヤを覆輪留めにしたことでより大きく見えて見栄えがします。シンプルでモダンなペンダントは様々なファッションに合うので、使い勝手が良好です。ワンタッチでAからBにデザインが変わる細工も施しています。


エメラルのペンダントをアレンジ

(BEFORE)

(AFTER)

お客様がお持ちになったリングのペアシェープのダイヤをバチカンにセット。ダイヤのバチカンがエメラルドペンダントをグレードアップしました。



ペンダントとピアスをリングに

(BEFORE)

(AFTER)

大切な人から貰った思い出のブラックオパールのピアスとペンダントをリングにリフォーム。ボリュームがつきすぎないようように、台座とリングの間に少し空間を空けそれをつなぐために側面にハートをアレンジしたデザインをしました。見た目だけではなく着け心地にも配慮してあります。


エンゲージリングをペンダントに

(BEFORE)

(AFTER)

思い出のこもったダイヤモンドの婚約指輪を普段使いにできるペンダントにリフォーム。脇に入ったテーパードダイヤもバチカンに使用しました。長く愛着を持って使えるように流行のない正統なデザインにしました。


ダイヤモンドブレスレットをペンダントに

(BEFORE)

(AFTER)

トータル3カラットダイヤモンドブレスレットを、シンプルなクロスのペンダントにリフォーム。通常はPt900を使用しますが、今回はプレスレットPt850の地金を使用して作製しました。その分、リフォーム価格を抑えることができました。