エメラルド

エメラルド:神秘的で深い緑色の光は、古来から多くの人々の心を魅了し、現在まで愛され続けている宝石です。非常に内包物が多い石なので、透明度が高く鮮やかになるほど高級とされ、価値が高くなります。


ルビー・トルマリン

ルビー:「宝石の女王」とも呼ばれているルビーの鮮やかな赤色は、女性の肌の色をキレイに見せてくれる効果があります。

ピンクトルマリン:澄んだピンクが魅力の美しい天然石です。透明度が高いものは希少価値が高く、高級感を放つ輝きがあります。


アクアマリン・パライバ

アクアマリン:まるで海の水のように澄んだ美しい青色が特徴のアクアマリンは、海の中を漂うような安らぎや癒しを感じさせてくれるジュエリーです。

パライバトルマリン:トルマリンの中で最も希少価値があり、南国の海の色のようなネオンブルーの独特な色彩が特徴です。



タンザナイト

タンザニアのキリマンジャロに広がる夕暮れから夜に変わる空のグラデーションをイメージさせる、ロマンチックな美しい青紫の輝きが人気のジュエリーです。


アレキサンドライト

希少性から世界でもっとも高価な宝石の1つに数えられ、深い青緑色から赤紫色へと変化する輝きは神秘的です。


ガーネット

歴史上最も古い宝石のひとつで、魔よけのお守りとして大切にされていました。古代ギリシャやローマでは、「血」を連想させるその色あいから、怪我を防ぐ護符として兵士達が身に着けていたそうです。あまり知られていませんが、ガーネットは色や成分の違いで10種類以上もあります。